MENU
レンタルサーバー

レンタルサーバー比較

サービス名から探す

  • ConoHa WING
  • エックスサーバー
  • mixhost
  • ロリポップ
  • コアサーバー

サービス絞り込み検索

  • 初期費用無料で選ぶ
  • 月額料金500円前後で選ぶ
  • 月額料金1000円前後で選ぶ
  • コスパ重視で選ぶ
  • 速度重視で選ぶ
  • 安定性重視で選ぶ
  • スペック重視で選ぶ
  • 知名度重視で選ぶ
  • サポート重視で選ぶ

レンタルサーバーの設定・使い方

  • ConoHa WINGの設定・使い方
  • エックスサーバーの設定・使い方
  • mixhostの設定・使い方
  • ロリポップの設定・使い方
  • コアサーバーの設定・使い方

記事一覧

  • ConoHa WING
  • エックスサーバー
  • mixhost
  • ロリポップ
  • コアサーバー
WordPressテーマ

WordPressテーマ比較

WordPressテーマ名から探す

  • SWELL
  • AFFINGER6
  • THE THOR

WordPressテーマ絞り込み検索

  • デザインで選ぶ
  • 機能で選ぶ
  • 表示速度で選ぶ
  • カスタマイズ性で選ぶ
  • 収益性で選ぶ
  • 使いやすさ重視で選ぶ
  • 知名度重視で選ぶ
  • サポート重視で選ぶ

WordPressテーマの設定・使い方

  • SWELLの設定・使い方
  • AFFINGER6の設定・使い方
  • THE THORの設定・使い方

記事一覧

  • SWELL
  • AFFINGER6
  • THE THOR
ー使うツールで、未来が変わるー

ブログで稼ぐために必要なのが、サクサク表示するレンタルサーバー・稼ぎやすいWordPressテーマを使うことの2つです。

サクサク表示するレンタルサーバーを使えば、サイトが速くなってSEOの評価が向上。「コンテンツを上位表示させて、アクセスを集める」ことができます。(SEO集客を成功させられる)

対して、稼ぎやすいWordPressテーマを使用すれば、収益性の高いサイトを作ることが可能です。それによって、「ブログの収益化・ブログの資産化・ブログの収益額アップ」が実現します。(ブログで稼げるようになる)

当ブログでは、個人向けレンタルサーバー・WordPressテーマ情報、レンタルサーバーやWordPressテーマの設定方法などの情報を発信していきます。

最新情報

ブログ 2022/9/08 サイトをのリニューアル中です

ブログ 2022/9/08 ドメインを変更しました

ブログ 2022/9/07 トップページをリニューアルしました

月額500円前後で使えるレンタルサーバー

次世代Webサーバーの「LiteSpeed」や従来のSSDより読み込み速度が14倍も速い「NVMe SSD RAID10」など、値段以上の性能を有したコスパ最強のレンタルサーバーです。

初期費用独自ドメイン転送量容量おすすめプラン月額料金
1650円
(独自ドメインと同時申し込みで0円)
1000円10TB300GBCORE-X528円
(12ヵ月契約の場合)
ため

たったワンコインで最新サーバーを使えるので、めちゃくちゃコスパが良いです。

月額1000円前後で使えるレンタルサーバー

次世代Webサーバーの「LiteSpeed」やLiteSpeedのみで使用できる「LiteSpeed Cache(圧倒的に速度が速くなるキャッシュ機能)」を搭載。圧倒的な速さと安定性を実現できます。

また、サーバーを24時間有人監視しているので、安全性が高くて安心です。

初期費用独自ドメイン転送量容量おすすめプラン月額料金
無料1個無料400GBハイスピードプラン825円
(12ヵ月契約の場合)
ため

つい最近使ってみたのですが、サクサク表示されたので、快適でした。

超高性能なのにお手軽な値段で使えるレンタルサーバー

ConoHa WINGは超一流企業のGMOが、2018年にリリースした最新のレンタルサーバーです。

最先端の高速化技術を搭載しているため、日本で1番速く、サクサク表示します。また、超高性能で、アクセスが集まる昼間や夕方に遅くなりません。

も関わらず、初期費用が無料・独自ドメイン2個が無料・12ヵ月契約でも毎月1000円以下とお得です!

初期費用独自ドメイン転送量容量おすすめプラン月額料金
無料2個無料無制限300GBWINGパックベーシック990円
(12ヵ月契約の場合)
ため

利用者満足度が73.4%なので、評判が良いレンタルサーバーです。

また高い信頼性(障害があまり発生しない)を誇り、日本のネットインフラを支える某メディアや世界的大企業も利用しています。

ハイスペックなレンタルサーバー

1台1000万円以上する最新の商用サーバー機器・世界最速のKUSANAGI・従来のSSDより読み込み速度が14倍も速い「NVMe SSD RAID10」などを採用。

圧倒的なスペック・国内トップクラスの表示速度・国内No.1の安定性を誇っています。

サポート体制がしっかりしており、「電話をかければすぐ出る」「メールで問い合わせた場合は24時間以内に返信がある」ので安心です。

初期費用独自ドメイン転送量容量おすすめプラン月額料金
無料1個無料無制限300GBスタンダード1100円
(12ヵ月契約の場合)
ため

みんな使っているので、迷ったらエックスサーバーを選べば間違いありません。

アダルト系・出会い系で使えるレンタルサーバー

日本マーケティングリサーチ機構の調査で、表示スピード、安定性、セキュリティ、アクセス集中時の処理スピード、改善実現度、満足度においてNo.1を獲得しています。

サーバーには、次世代Webサーバーの「LiteSpeed」を使用。

さらに、LiteSpeedのみで使用できる「LiteSpeed Cache(圧倒的に速度が速くなるキャッシュ機能)」を搭載しているので、圧倒的な速さと安定性を実現できます。

初期費用独自ドメイン転送量容量おすすめプラン月額料金
無料1個無料無制限300GBスタンダード1210円
(12ヵ月契約の場合)
ため

サーバーの性能はエックスサーバーと変わらないので、アダルト系・出会い系サイトを運営するなら、mixhost一択です。

価格が安いWordPressテーマ

ブログの第一人者である「松原潤一氏」とOPENCEGE社が共同開発したWordPressテーマがSTORK19。

必要最低限の機能しか搭載していないため、複雑な操作や設定をしなくても収益性の高いブログを作ることができます。

さらに、SEO対策も施されているので、上位表示を狙うことが可能です。

デザイン機能SEOカスタマイズ性
(稼ぎやすさ)
価格
11000円
ため

はじめて使ったテーマがSTORK19なんですが、初心者の僕でも簡単に使いこなすことができました。

稼ぎやすいWordPressテーマ

「稼ぐ」に特化したWordPressテーマがAFFINGER6です。

アフィリエイトに関する細かな設定ができて、機能(収益化機能も含む)が豊富なため、稼ぎやすいブログを作ることができます。

また、最新のSEO対策に対応。コンテンツを上位表示させ、SEO集客を成功させること・ブログの収益化も夢ではありません。

デザイン機能SEOカスタマイズ性(稼ぎやすさ)価格
14800円
ため

月収100万円以上稼ぐブロガーが愛用しているので、「稼ぎたい」ならAFFINGER6を選べば間違いないです。

おしゃれなWordPressテーマ

デザインで他のブログに圧倒的な差を付けられるのがTHE THORです。

プロのデザイナーが作った着せ替えデザインを使えば、たった30秒でおしゃれなブログが完成します。

しかも、SEOとアフィリエイトに関する細かな設定ができるため、「SEO集客を成功させて収益額をどんどん増やす」ことが可能です。

デザイン機能SEOカスタマイズ性(稼ぎやすさ)価格
16280円
ため

差別化ができるので、ブログのファンが増え、「数十万PV」も夢ではありません。(PVが増えると、それに比例して商品が購入されやすくなる)

初心者におすすめ!高機能なのに使いやすいWordPressテーマ

当ブログでも使用しているWordPressテーマ。

初心者には難しいHTML/CSSの操作が一切なく、サクサク使えるのが特徴。ボタン一つで、SEOやアフィリエイトの細かな設定ができます。

しかも、機能が豊富。稼ぐために必要な機能やカスタマイズ機能も搭載しています。

アップデートが頻繁で、新機能が続々と追加されるので、「SWELL一つ買っておけば十分」です。

デザイン機能SEOカスタマイズ性(稼ぎやすさ)価格
17600円
ため

ブログで稼ぐために必須な記事作成に集中できるので、Googleが評価して読者が満足する(買おうと思う)質の高い記事を作れるようになりますよ。

そもそもレンタルサーバーとは?

WordPressブログを始めたいけど、「何が必要なの?」って思いませんか?

結論として、サーバー・ドメイン・WordPressが必要です。

「家を建てること」を例にすると、分かりやすくイメージできますよ。

サーバーでネット土地を取得した後、ドメインでネットの住所を決め、WordPressでネット上に家を建てる。こんな感じですね。

ため

このうち、サーバーとドメインはレンタルサーバーを契約すれば取得でき、WordPressはレンタルサーバーを契約すればインストールすることが可能ですよ。

どんなサーバーを使うのかが大事

家を建てる土地には様々な特色があります。

例えば、4階建てのビルを建てられる土地、駅チカで回りにはスーパーやコンビニがある土地、自然が豊かだけど移動が大変な土地など…

ため

レンタルサーバーも同じで、サクサク表示されて遅くならないか、セキュリティが強いか、IT初心者でも簡単に扱えるうえサポートが充実しているか…

会社によって特徴が異なります。

そのため、「自分にはどんなレンタルサーバーがベストなのか?(例:速いのがベスト、料金が安いのがベスト)」を知ることが、レンタルサーバー選びの最初のステップになるのです。

レンタルサーバーの種類

建物には、賃貸マンション・4階建てのビルを1フロアずつ借り切るテナント・一軒家など様々あるように、レンタルサーバーにも色んな種類があります。

レンタルサーバーの種類
  • 共用サーバー
  • VPSサーバー
  • 専用サーバー
  • クラウドサーバー

共用サーバー

賃貸マンションにあたるのが「共用サーバー」。

賃貸マンションは管理会社が建物を管理してくれたり、お風呂やトイレなどの生活必需品が備わっているというメリットがあるように、共用サーバーには下記の長所があります。

共用サーバーのメリット

共用サーバーのメリット
  • 利用者とサーバーを共用するため利用料が安い
  • 運用/保守はサーバー会社がやってくれる
  • WordPress自動開設ツールがある
  • WordPress自動移行ツールがある

共用サーバーのデメリット

一方、共用サーバーのデメリットは下記のとおり。

共用サーバーのデメリット
  • 他の利用者の影響を受けて重たくなりやすい
  • アクセスが集中すると処理速度が落ちる
  • オリジナルPHPなどを稼働させられない

一般的にWordPressブログは「共用サーバー」を利用するので、処理速度が速い・他の利用者の影響を受けにくい・アクセスが集中しても処理速度が落ちないサーバーを選ぶと良いですよ。

VPSサーバー

4階建てのビルを1フロアずつ借り切るテナントにあたるのが「VPSサーバー」。

1台のサーバーに仮想サーバー(建物で言うところのフロア)を構築し、利用者ごとにOSやCPU・メモリや容量が割り当てられるので、「後述する専用サーバー」並みの自由度があります。

VPSサーバーのメリット

そんなVPSサーバーのメリットは下記のとおり。

VPSサーバーのメリット
  • 専用サーバーのような環境を低価格で構築できる
  • 利用者ごとにリソースが割り当てられているため、他のユーザーの影響を受けない
  • 自分で作ったオリジナルプログラムを導入できる

VPSサーバーのデメリット

一方、VPSのデメリットは次のとおりです。

VPSサーバーのデメリット
  • CPU100%超えの処理を継続するとサーバーが止められる
  • 物理サーバーにトラブルが発生したら、VPSサーバーも影響を受ける
  • 運用/保守を自分で行う必要がある

VPSサーバーは物理サーバーの中に構築されるため、物理サーバーに障害が起こった場合(CPUが発熱した、CPUがショートした)などは、サーバーが止められたり影響を受けたりします。

専用サーバー

一軒家にあたるのが「専用サーバー」。

サーバーを1台借り切れるので、他の利用者を気にせず、自由に使えるのが特徴。ネット回線も自分だけなので、遅くなることがまずありません。

ただ、その分、初期費用+月額利用料をあわせると数十万円し、かなり高い技術力が必要になります。

クラウドサーバー

分譲住宅にあたるのが「クラウドサーバー」。

契約者が複数の部屋(仮想サーバー)を利用することができ、リソース量を自由に変更することができます。

ため

VPSとの違いは

・VPS・・・契約者1人につき1台の仮想サーバーを提供
・クラウド・・・契約者1人につき複数の仮想サーバーを提供

ですね。

レンタルサーバーまとめ

以上のように、レンタルサーバーのサービスは数多くあります。

まとめるとこんな感じ。

レンタルサーバーの種類
  • 共用サーバー
  • VPSサーバー
  • 専用サーバー
  • クラウドサーバー

WordPressブログは基本的に共用サーバーを利用するので、当サイトでは「あなた自身にあった共用サーバーを探すお手伝い」を行っていきます。

WordPressテーマとは?

日本国内のWebサイトの約8割で使われているWordPressは、自分でプログラミングをしなくても、簡単にWebサイト(ブログ)を構築することができます。

具体的には、WordPressテーマと呼ばれる「デザインファイル」をインストールして有効化し、各種設定を済ませるだけであなた自身のWebサイト(ブログ)が完成するのです。

ため

レンタルサーバーの契約~WordPressの各種設定まで、1時間~2時間もあれば終わりますよ。

WordPressテーマのメリット・デメリット

それでは、WordPressテーマを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

WordPressテーマのメリット

WordPressテーマのメリット
  • SEO対策・高速処理が施されているため、利用するだけで検索順位が上がる
  • 「アフィリエイト補助機能」を使えば、簡単に収益化ができる
  • 文字装飾を使うだけでおしゃれなWebサイトが作れる
  • テーマを入れ替えるだけでデザインの変更ができる
  • スマホやPCなど観覧する端末に合わせた表示サイズになる(自動)
  • アップデートがされるため、半永久的に使用できる

WordPressテーマはSEO対策・高速処理が施されているので、利用するだけで検索順位が上がり、SEO集客を成功させることが可能。また、商品ランキング機能などのアフィリエイト補助機能を使用すれば、簡単に収益化ができます。

ため

さらに、収益額を増やすことや永続的にお金を生むサイトの構築も可能です。

WordPressテーマのデメリット

一方で、下記のようなデメリットがあります。

WordPressテーマのデメリット
  • 無料テーマの場合は専門知識がないとカスタマイズできない
  • 有料テーマの場合は「テーマ代」が発生する
  • 無料テーマ・有料テーマ共にデザインが被りやすい

無料テーマは0円で使える反面、カスタマイズなどを全部自分でしないといけません。一方、有料テーマは全部やってあるため、「テーマ代(製作費)」が発生します。

ため

とはいえ、お金で時間と労力を買えるので、初心者の方は「有料テーマ」がおすすめです。

WordPressテーマを選ぶ際のポイント

最後に、WordPressテーマを選ぶ際のポイントをお伝えしますね。

WordPressテーマを選ぶ際のポイント
  • 内部SEO対策済み
    ⇒ 検索結果に表示される
  • 最新のSEO対策対応
    ⇒ 上位表示されやすい
  • 表示速度が速い
    ⇒ 検索順位が上がりやすい
  • デザインがおしゃれ
    ⇒ 他のブログと差別化できる
  • 機能が豊富
    ⇒ やりたいことが何でもできる
  • 使いやすい
    ⇒ 専門知識がなくても扱えるのでストレスがない
ため

WordPressテーマは数多くありますが、機能性・デザイン性・収益性など、それぞれに応じて強みが異なります。

なので、おしゃれなブログを作りたい、稼げるブログを作りたい、などの目的を実現できるテーマを選ぶと良いですよ。